« 【コラム】顔から吸って心で吐け:二服目 | メイン | 図書館戦争の音 »

2008年2月25日

【コラム】あずさのBlog:王子様、現る!?

携帯電話がない……。

血の気が引きます。

大切なクリエーターさんの個人情報や、恥ずかしい思い出たちがいっぱい入った携帯電話。
流出したらとんでもないことに!!

最悪の状況ばかりが頭の中で高速フル回転。
全身から色んな汁が流れ出します。

「そこのお嬢さん、探しものかい?」
優しい紳士が声をかけてくれました。

「携帯がないのでゴザイマス」
涙目ですがり付く私。

「では、僕が一緒に探してあげようじゃぁないか」
「あら、なんて素敵な方」

…デタラメですが。
大体はこんな感じで、そこに現れたダンディーが
アタクシのやらかしたバカに付き合って下さったのです。

「君の携帯番号は? 僕の携帯から鳴らしてあげよう」

…む゛~~~ん…む゛~~~ん…む゛~~~ん…

ハッ! 鳴っている! …棚だ! 棚の上だ! 
ビデオテープの箱の中だ! なんでそんなトコに!

かくして救助されたケータイを手に、くるくる喜ぶ私たち。

嗚呼、これは出会い…? 
もしやあなたこそアタクシの王子様……!?

「あの…お名前は?」

「古怒田です」

「げふっ(吐血)」


我らが『図書館戦争』のシリーズ構成を担当してくださっている、古怒田健志さんじゃありませんか!?(お名前は聞いておりましたがお顔を存じ上げませんで、その節は大変失礼をば致しました(汗))

『図書館戦争』ってつまり、王子様が書く王子様を巡るお話!!

……あれ。
でも。
…もしかして…

これって乙女から電話番号を聞きだすための新手のナンパだったのかもしれないし!?(ドキドキ)

やめて王子様! アタシのつかの間の夢を壊さないで!

違うって……違うって言ってぇーーーー!!

「違います」
「デスヨネ」


あずさ

« 【コラム】顔から吸って心で吐け:二服目 | メイン | 図書館戦争の音 »