« バナーキャンペーンはじめました! | メイン | 【コラム】きょうのきゅうか:制作oogamiさん »

2008年3月22日

図書館戦争の声01

気がつけば!春分の日も過ぎてしまいました。お彼岸さんが明けた先に待つのは…

期末。

毎年アタフタする季節でございます。

この、期末という言葉は年を取るにつれて質量ともに重く響いてきておりますが、今の我々には、週1回、そんな言葉も吹っ飛ぶひとときがありまして。

あれ、今頃?
ですが…。
すみません、アフレコ収録、毎週快調にやっております!
普通は収録1回目に!こんな立派なブログページも作ってもらったならば!ですね、
どうして上げられないのか、と。
周囲のあたたかいスタッフの方々からも先祖からももう一人の自分からも総出で叱咤激励いただきながら、ようやく始まりました!

「図書館戦争」アフレコレポート(何週遅れ?)

【第1話】
なんと今回は、原作者の有川先生にもお越しいただきました。
そして、追い込みでパンチドランカー気味な心と体に染みわたる「ごっくん馬路村」の差し入れをまたも頂いてしまいましたのです。
キャストの皆さんにも大好評!
初回ということでピリリ緊張でいっぱいだった現場の空気もやわらかに。
有難うございます!
ビタミンも摂れて美味しい、素晴らしき哉柑橘類。

アニメ「図書館戦争」の音響監督は平光琢也さん。
「コメディの掛け合いは、こちらが止めるくらい楽しい感じにやってやってもらってOK」という指示のもと、あっという間に緩急のしっかりついた軽快なラブコメになっていきました。
動く映像を観てまず感じるのは、兎に角、郁の表情がくるくる変わる!
きっと、第1話は郁の表情から目が離せないことでしょう。

台本の郁と柴崎は、中村悟さんの描き下ろしイラストです。
うるわしっ!

« バナーキャンペーンはじめました! | メイン | 【コラム】きょうのきゅうか:制作oogamiさん »