« 『別冊 図書館戦争I』発売しました! | メイン | 【コラム】G和田の「いつもここから!」第3回 »

2008年4月10日

【コメント】OP映像・加藤道哉さん

今回、『図書館戦争』のオープニング映像を担当してくださったのは、加藤道哉さん。
『パプリカ』『茄子 -スーツケースの渡り鳥-』の撮影監督、『おでんくん』の監督
などなど幅広く活躍されている方です!


加藤道哉さんのコメント

図書館戦争のOPは、高橋 瞳さんの主題歌がアニメとしては珍しく女性的で、
思春期から大人まで共感できるいい歌詞だったので、
せっかくだから大人向けのドラマっぽいオープニングにしようと思いました。

原作が元気いっぱいのラブコメなのに対して、
バックボーンが現代劇より重めのしっかりしているものだったので、
生々しさを出したくなかったからすっごく迷いました。

なんせ郁の経験が我々のそれより辛く重いのですよ。

OPのテーマは「いろいろ辛いコトもあるけど明日も元気に頑張ろう」と
決めていたので、そのいろいろな過去の出来事をプロジェクターで投影させて、
落ち込んだ今の郁が頑張ろうって思える映像コンセプトにしました。

実はコレ、フランスの演出家ミシェルゴンドリーが実写で
white stripesの“Dead Leaves and Dirty Ground”でやっていた手法なのですが、
アニメでも近いことできんかなぁと思い出したのでありました。

ともあれ人それぞれいろいろ辛いコトがあるんだけど、
郁のようにカランと明日も頑張ろうと思って貰えたら幸いです。




« 『別冊 図書館戦争I』発売しました! | メイン | 【コラム】G和田の「いつもここから!」第3回 »